こんにちは!低燃費住宅九州、新入社員の清原です!

入社して学んだ低燃費住宅の家づくりを、ブログを通して

わかりやすく発信しています!

 

最近、住宅雑誌や住宅展示場などでよく目にする「ZEH」の文字。

ぜっと・いー・えいち??…何だろうと思われる方も多いかと思います。

 

ZEHとは…Net Zero Energy Houseの略称で、「ゼッチ」と呼ばれています。

簡単に説明すると…

「住宅で年間に消費するエネルギー量」と「住宅で年間につくるエネルギー量」の差がゼロ

もしくはつくるエネルギー量のほうが多くなる住宅のことです。

 

政府(経済産業省)では、ZEH普及への指標として「ZEHロードマップ」を公表しています。

新築戸建住宅は2020年にZEHを過半数とし、

2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指しています。

弊社の会長である小山は、JBN(全国工務店協会)のZEH委員長として、

ZEHロードマップ検討委員として、ロードマップ案の作成に参画するなど、

全国におけるZEHの普及に尽力しています。

 

図1

ZEHの家を建てるための3つのポイントがあります。

①断熱

世界基準の“断熱性能”で、住宅のエネルギーロスを最小限にしましょう。

②省エネ

電力消費を減らすために、HEMSや“効率の高い機器”を取り付けましょう。

③創エネ

太陽のエネルギーを最大限利用するために、“太陽光発電”でしっかり発電しましょう。

 

※この3つのポイントすべてが重要で、1つでも欠けることがあってはいけません。

 

 

ここまででなんとなくZEHのことはご理解いただけたかと思います。

最後にZEHを検討する際の“注意点”です!

 

ZEHはいわば、

「A住宅で年間に消費するエネルギー量」≦「B住宅で年間につくるエネルギー量」

となればいいので、

Bを増やすために、太陽光を大容量に搭載しただけの“暑くて寒いZEH”も、

Aを減らすために、高断熱化を図り健康性に“優れた温熱環境のZEH”も、

両方ZEHなんです…。

私たちは、太陽光だけに頼ったZEHを、“メカメカZEH”

世界基準の高断熱化を図ったZEHを、“高断熱ZEH”と呼んでいます。

どちらがいいでしょうか?

 

メカメカZEH と高断熱ZEHでは、

家の燃費だけでなく、健康性や快適性が全然違います!

子や孫たちの暮らす地球環境のために、エネルギー消費が少なく、快適で健康な住宅を。

「ZEH」という言葉だけに惑わされず、建物の性能もしっかり検討することが重要です。

 

さらに!!

低燃費住宅九州ではZEHにしていただくと、補助金として200万円の交付があります。

http://tnp-kyusyu.com/3543

詳しくは上記URLをご覧ください。