世の中に高断熱住宅が増えてきましたね!!♪

住宅会社を比較する際に、断熱性能に注目される方も多いのではないでしょうか?

 

私達は、断熱性能(例えばUA値とかQ値)だけで住宅会社を

比較するのは、危険だと考えています。

 

(断熱性能が高いのは、最低条件として)

A社とB社で、断熱性能が同じくらいの場合、

何をもってして、良し悪しを考えればいいでしょうか?

 

…それは、設計手法です!

 

突然ですが、これは何をしている写真でしょう!?

彼は、設計です。

現地調査?…でも空にスマートフォンを向けていますね???

偶然、UFOでも見つけたんでしょうか?

 

…正解は、太陽の軌跡を見ているんです!

実際はこんな風に見えています↓

12/23の13時付近の太陽の軌跡です↑

 

これを日の出から日の入りまでつなぎ合わせると、、

これが、12/23の一日の太陽の軌跡です。わかりやすいですね!

 

まず、周辺の建物を、現地やストリートビューで確認します。

 

そして、確認した周辺の建物を、シャドーチェックに入力して、

影のかかり具合を確認しながら、窓の位置や大きさを検討していきます。

 

冬はできるだけ日射を取り入れて、暖かく過ごしたいですよね。

ですが、冬は太陽高度が低くなって、

周辺に建物があれば、太陽が建物で遮られやすい時期です…。

 

その時に、この土地ではちゃんと太陽があたるのか?

何時ごろに影ができるのか?

 

なんとなくではなく

その土地の太陽高度や、周辺の建物も考慮して、

窓の位置や大きさの検討をすることが、重要です!!

 

このように、低燃費住宅では、

断熱性能だけでなく、+αの設計手法「その土地に合わせた設計」をしているので、

冬でも暖かく過ごすことができます!

 

土地選びのアドバイスや、パッシブ設計の考え方など

詳しいご説明は、モデルハウスにていたしますので、

ご気軽に、ご予約下さい♪

フリーダイヤル:0120-370-319